第1003話冒頭1ページ感想
ルフィの猛攻にビッグマム唖然


お馴染みのワンピース ドットコムで公開されている冒頭1ページ。

前回の続きでルフィの猛攻からスタート。

予想を超える威力というか迫力なのかビッグマムが唖然としている。

1コマ目でカイドウは血を吐いてるように見えるので本当に効いているっぽい。

ちなみにビッグマムの雷撃を食らっていた他の面子は普通にその様子を立って見ているのでこっちの方はそれほど効かなかったのだろう。

流石に四皇の力といえどソルソルの実でゴロゴロの実(エネル)ほどの威力は出せないのかもしれない。

ただキラーの姿が見えないので若干心配ではあるが、一人ソルソルの雷にやられていたら力不足すぎるので画の中に入っていないだけだろう。

どう見てもルフィ達が飛ばし過ぎているこの戦いの行方は果たしてどうなるのか、詳細は月曜日をお見逃しなく!(その間は98巻のSBS情報を取り上げます)