第1004話詳細感想「パート1」
"きびだんご"
お玉の見事な作戦!!


冒頭1ページ感想はこちら

鬼ヶ島に着く前からスピードなど味方につけたSMILEの能力者を使いさらに仲間を増やす作戦を考えていたお玉。

ウソップとのコンビだけじゃ仲間に出来る数は少ないと見積もっていたが事前にきびだんごを用意しておき更にSMILE軍団の力を借りれば何倍ものペースで作戦が進むのでこれは見事としか言いようがない。

この先戦況が一変すればこれはお玉の手柄なので討ち入りが終わった後錦えもん達はしっかりお玉を評価すべきだろう。

ちなみに忘れていたがお玉は満足に食事を取ることが出来なかったのでそういう覚悟もあって鬼ヶ島に乗り込んだという事も分かりその点納得できた。それに元々度胸はあったので"くノ一見習い"は伊達じゃなかった。

場面はフランキーVSササキ。

力によるゴリ押しの戦いが繰り広げられている。

ギフターズが力ずくでフランキー将軍を押さえているところにSMILE軍団に追われているナミ達がやってくる。

ピンチかと思いきやすでにきびだんごによって味方にしていたので騙されたササキ達は意表を突かれる。

それによって間一髪ササキの突進をかわすことが出来たフランキー。

何が起きているのか分からないササキに追いついたうるティが説明をする。

そしてナミを狙ううるティだが、今回はナミもただ逃げていたわけじゃなくサンダーランス・テンポを準備しており直撃させる。

戦闘不能にさせるほどのダメージを与えることは出来なかったが手応えはあったようでもっと巨大であれば仕留めることが出来そうな雰囲気である。

ヤマトの雷鳴八卦ですらすぐに復活したのでこの先もしもナミがうるティを倒すことが出来れば大金星である。

事態を飲み込めないササキはまだ混乱しておりその隙を突いてフランキーが反撃に出る。お玉のきびだんごには直接効かない相手にもこのような効果があった。

お玉の情報が広まる前に味方を増やしていけば本当にこの作戦は上手くいくかもしれない───

場面はブラックマリアに捕まっているサンジ。

今回のここまでの展開と違いこっちは逆にシリアスな事態になっていた。

感想は後半へつづく。