第1012話詳細感想「パート2」
ナンバー3は伊達じゃなかった!


パート1

ビッグマムに殴られたページワンは完全にノックアウト。

切れたうるティは一瞬だけマスクを外してビッグマムに迫る。

単行本で修正されるのは間違いないだろうが、しかしミスだろうと普通の素顔が描かれたので常にマスクを付けている理由はそんなに重要な事じゃない気がする。

スケバン的な意味で付けているとかそんなところかもしれない。

この際だからうるティを片付けてもらおうとナミはビッグマムを応援するがビッグマムは乗らなかった。

なので今度は逆にうるティを応援するがこっちも乗らない。敵の敵は味方とはいかず。

二人がやり合おうとしている隙に逃げようとするもうるティは執念深く、ついに頭突きが狛ちよにヒットしてしまう。

さらにうるティは狛ちよを蹴り、そして泣いているお玉を引っ叩く。

完全にキレたビッグマムとうるティの戦いがいよいよ始まるかと思いきや、ここでナミが怒りの雷をうるティに放つ。

二人が戦っている間に逃げたかったウソップだったが子供に手を上げたうるティに我慢ならずナミはここでうるティをブチのめす決意を固めていたのであった───

ナミさんが素晴らしい回だった。こういう決意を見ると本当に世界人気投票3位の座に相応しいと思う。

一方ウソップはまさしく15位に相応しい対応だった。

ビッグマムと共闘すればあっという間にうるティは倒せると思うのでこれからすぐにキッド辺りが邪魔に入るだろう。来週は休載じゃないのですぐに分かるはずだ。