第1027話冒頭1ページ感想
ロジャーと白ひげに重なるルフィとカイドウの激突!


ワンピース ドットコムで公開されている冒頭1ページ。

マルコを倒したネコマムシはスーロン化しないよう月を見ないようにしていた。これ以上スーロン化して暴れたらおそらくもう身が持たないのだろう。

まだカイドウのモブ兵は大勢残っているだろうが敵の大幹部を倒した功績は計り知れないのでこの辺で戦線離脱しても問題ないと思う。

そして空を見上げるヤマトとモモの助。

おでんの日誌にはロジャーと白ひげが激突した時、天が割れた様子も書かれていたようだ。

伝説の二人と重なるルフィの急成長ぶりには驚くしかない。

"最強生物"であるカイドウ相手に何度やられても心が折れなかったルフィの覇王色は短期間の間で強化されても違和感はないので、それを纏えるようになったルフィがゴムだけにここで一気に伸びるのは不自然じゃないと思う。

単純に鍛えることは出来ず本人の成長で強化されるという覇王色の設定が見事に活かされているのが上手い。

ちなみにヤマトも覇王色を纏えるはずだが天が割れた事に驚いているので覇王の中の覇王同士が激突しないとこの現象は起きないのかもしれない。

盛り上がって来たルフィVSカイドウ戦の行方はどうなるのか、詳細感想は月曜日に公開予定なのでお見逃しなく。