第1030話冒頭1ページ感想
アプーとドレークが同盟を結ぶ?


ワンピース ドットコムで公開されている冒頭1ページ。

最近姿を見ていないと思っていたアプーとドレークは戦いの場を離れカイドウを討つ相談をしていた。

相談というか今のところアプーが一方的に話を持ち掛けている感じである。

ちなみにアプーはドレークを海軍のスパイだと見抜いたようだがなぜ見抜けたのかはよく分からない。もしかしたらドレークが元海軍将校であることから察して判断したのかもしれない。

それはともかく討ち入りが終わった後の満身創痍のカイドウを討つのはワケはないとアプーは睨んでいるが、ドレークだけじゃなく後ろにいるナンバーズの三人と協力しても到底無理な気がするがどうなのだろうか。

単純に味方の数が少なすぎてカイドウに挑む前にやられそうな気さえする。

自信過剰な気もするが、もしかしたら形勢が不利と判断して口八丁に休戦の口実を作っているだけかもしれない。

CP-0ですらカイドウが倒れる姿は想像できないと判断しているほどなのでこの方があり得るだろう。よほどクイーンに遊ばれたのが頭に来て冷静さを無くしているとかなら話は別であるが。

というか現時点でアプーが満身創痍じゃないのが最も謎である。ゾオン系古代種のタフさの設定とか無にするほどのタフさ。

果たしてアプーの誘いにドレークは乗るのか、詳細感想は月曜日に公開予定なのでお見逃しなく。