第1031話詳細感想「パート2」
サンジの身に一体何が起きた?


パート1

サンジは遊郭にいたが今回は大真面目に深刻な自体が起きていた。

一人の芸者が血を流し倒れており他の芸者からサンジは追い払われる。

何が起きたのか自体を把握していないサンジであるが、どうやらサンジがやったらしい…?

なぜサンジに記憶がないのか謎であるし手を上げた理由もよく分からないのでこの件は一旦置いておこう。

そしてサンジは葛藤する。

敵が女なら手も足も出せない頼りない生身のおれと、冷酷で無感情だが命令されれば誰の首でも取って来る、ルフィはどっちの自分がいいかと。

それからレイドスーツを取り出したサンジは、それをクイーンの目の前で破壊する。

クイーンも言ってたように確かに勿体ないがレイドスーツ無しでも充分パワーアップを果たしたのでもう必要ないだろう。

そしてゾロに電伝虫で連絡をいれる。

その理由はこの戦いに勝利した後、自分が正気を失っていたらお前がおれを殺せと頼む為だった。

何だかんだでサンジはゾロを信頼しているというのが伝わってきて熱い場面である。

ゾロの方も決着後の楽しみができたと冗談を言った後にそれまで死ぬなよとさり気なくサンジの身を案じているのが熱い。

今回の二人のやり取りはONEPIECEの名場面の一つに入るだろう。

そしてサンジはクイーンに攻撃を仕掛けるのであった──

というわけでサンジの変化は予想していた以上に深刻な事態へと発展したが、この深刻さの度合いは芸者が血を流していた理由に掛かっているのでその真相は本当に重要になってくるだろう。

来週は休載であるがその件や他にもいくつか考察したいことがあるので興味があればご期待あれ。