第1041話詳細感想「パート2」
目覚めたルフィ


パート1

ウソップはSMILEの一人を使い錦えもんとお菊を連れて出口を探す。

キャロット、ワンダ、ネコマムシは逆にドームの中へ避難しようとする。武器庫が無事だったから大したことない錯覚を起こしそうになるが、あの爆発はやはり相当なものだったのだろう。

フランキーは島から落ちる寸前のゾロをかろうじて救っていた。しかし死神に命を刈り取られたからか返事がない…

ドーム内ではキッドとローの両海賊団がビッグマムを討ち取ったことでまだ大騒ぎしていた。前回も似たようなシーンを見たが相手は四皇なのでOK。

ちなみにゼウスはビッグマムが敗れたと知って泣いていた。というかゼウスは消えていないのでつまりまだマムは生きている………?

キッドと特にローは力を使い果たしておりもう戦う力は残っていないようである。

カイドウはビッグマムがやられたことをおそらく見聞色で悟り怒りに燃える。

そして自分が15歳の時にリンリンと出会った最初のときを思い出していた………。

ゼウスは生存フラグだったがこのシーンを見るとビッグマムは本当に死んだようにも思える。

悲しむカイドウを見て突然スイッチが入ったルフィはギア4「スネイクマン」九頭龍(ヒュドラ)を放つ。

さっきまでダチのように二人で戦いを楽しんでいたのが嘘のようにブチ切れてカイドウをワノ国から追い出そうとするのであった───

というわけでようやくルフィが正気に戻り何よりである。

もしかしたらあの二人がビッグマムを倒したと知ったのがスイッチが入ったキッカケかもしれない。あの二人に負けてられないと我に返ったのだろう。

全体的な感想や今回気になった部分について興味があれば(3)を見てほしい。