第1047話詳細感想「パート1」
"都の空"
悪魔の実の能力を超えるもの……!!


冒頭1ページ感想

トキの覚悟を思い出したモモの助は都へ向かわせないように鬼ヶ島を離そうとしている。

もしくは、焔雲を出すのを諦めて逃げるように警告を発しようと都へ向かったか…?

前者なら少し前にのんびりルフィとカイドウの戦いを眺めていたのが致命的すぎる…。

そしてルフィはゴムゴムの雷という新技を披露。結構本当になんでもありになってきている。

だが避けられてしまい威力のほどは分からず仕舞いだった。

そしてカイドウから驚きの発言が。

"能力"が世界を制することはないとここに来て悪魔の実の能力の力を完全否定。

ただロジャーは非能力者だったので実際これは深い。ガープもシャンクスもミホークもおそらくそうなので終盤は一周して非能力者バトルがメインになるのかもしれない。

覇気だけだ全てを凌駕すると言っているのでこの先ルフィはニカの能力だけじゃなく覇気を更に極める必要が出てきそうだ。

ルフィはコミカルな技を使い続けるがカイドウには通じない。

腕を伸ばしたルフィに向けて龍巻壊風で対抗するカイドウ。本体じゃなくて伸びてる腕に向けて繰り出す発想は出なかった模様。

都では空船が放たれた。

そしてヒョウ爺達がいるドクロドームは混沌としていた。

感想は後半へつづく。