第1049話詳細感想「パート2」
ついに決着か……!!


パート1

雷ぞうの水は勢いを増し城中が水浸しに。

よく見るとアプーも流されている。

傳ジローと日和のオロチとの戦いは完全に決着がついた模様。

そして雷ぞうの水によって鬼ヶ島の焔雲が消滅。

焦るモモの助。

だが追い詰められてついに巨大な焔雲を出すことに成功。

あとよく見ると鬼ヶ島の位置もルフィの攻撃の軌道から外れているので押し出すのも成功していたようだ。

ルフィの願いは友達が腹いっぱい飯を食える世界を目指すものであった。

ルフィのその気合に負けたカイドウは、ついに攻撃を押し返される。

そして地面に叩きつけられ、さらに地中深くに押しやられる。

白目を向いて血を吐きながらカイドウはキングとのやり取りを思い出していた。

自分を倒す奴がジョイボーイだとカイドウは思っていた。

さらに深くめり込んで行くカイドウ。

そして鬼ヶ島は無事に着地。

疲労困憊のルフィとモモの助。

これにてついにカイドウ戦は決着か───

"20年を背負った戦いがここに──"という煽りを信用するならこれでルフィVSカイドウ戦は終わったのだろう。

少なくとも鬼ヶ島は着地したので一旦これで区切りがついたのは間違いない。

とはいえ次回すぐに穴の中から人型のカイドウが現れる可能性も0じゃないと思うのでまだどうなるかは分からないと思う。

ビッグマムの生死も不明なので今までの長編と違ってこのまま綺麗に宴にはならないかもしれない。

そういえば巷で予想されていた"あれ"は結局実現しなかったが何のことか分かるだろうか。

この話は感想おまけにつづく。