モモの助が日和を見た時の反応はあまり良い意味じゃなくて気になっていたのでそれをカッコいい演出に合わせてカットしたというのは上手い構成だと思う。

ちなみにその中に錦えもんとお菊もいるなら決着から読者が思ってる以上に時間は経っていそうである。

ただそんな細かいことはどうでもよく、問題は大人になったモモの助である。

今回はカッコよく人々を落ち着かせようとしたが先の方で、というか早ければ次回すぐに8歳としてのボロを出すかもしれないので今後のおでんっぽい(仮)モモの助には注目である。