第988話詳細感想「パート1」
"待たせたな"


冒頭1ページ感想はこちら

目の前に現れたジャックを見て因縁を忘れていなかったイヌアラシ達ミンク族と雷ぞうは気合が入る。

だが"くじらの森侠客団"のロディ&BBと"イヌアラシ三銃士"のジョバンニ&シシリアン&コンスロット達は旦那達はカイドウに備えてくださいとスーロン(月の獅子)化してジャックとナンバーズ達を迎え撃つ準備をする。

男のミンク族はキャロットと違い野獣化が前面に押し出されていてかなり迫力がある。

だがジャックは月の獅子の寿命は短いと怯まない。

モブ達もこっちも百獣だと気合を入れる。

そして両陣営が激突する…!!

がその様子の詳細は描かれなかった。スーロン化したミンク族が一体どれだけ強いのかは最低でも次回まで待たねばならないようだ。今回早速活躍が描かれると思っていたので残念。

一方城内ではキングとクイーンが屋上に行ったジャックの話をして油断していた。

その隙をついてしのぶがモモの助の鎖を解こうとするも、流石にすぐ目の前にいるキングに気付かれてしまい顔を掴まれ壁に放り投げられてしまう。

モモの助救出は簡単には成功しないのかと思いきや、謎の力によって鎖が外されモモの助が自由になる。

驚くキングとクイーンと侍達。だがキングは正体を察し攻撃態勢に入る。

それはレイドスーツによって透明化していたサンジだった。

最近また以前のサンジに戻ったのかと心配していたがやる時はやる男だと証明してみせた。

ちなみに同じ一味のナミですら「遊女追っかけてったんじゃ…!!」と本気でサンジの活躍に驚いたので信用度は底近くまで落ちていたのが分かる。

キングに放り投げられ壁に激突したもののそのタフさで無事だったしのぶにモモの助を託すサンジ。しのぶの行動も無駄にはならなかった。

そしてモモの助の"名乗り"を聞いていたのも分かったのでつまりサンジは結構前からホールにいて様子を伺っていたわけである。

結果的に遊女探しのアレは敵を騙すにはまずは味方(読者)からという感じで収まった。

しかし獣型化したキングのくちばしの先端に捕まってしまいそのまま壁にタックルされてしまう。

こちらも一体どうなるのか分からないが、しかしキングのこの一撃でサンジがやられるとは思えないのでレイドスーツの防御力機動力かのどちらかが優れていると次回にでも判明するだろう。

しのぶだけじゃモモの助は守り切れないと判断したルフィはヤマトにモモの助を守るよう指示を出す。

それを聞いたヤマトは「いいの!?」と戸惑い「……だよね自然だよね ぼ…僕の息子だもんね」と返事をする。これは面白過ぎる!

20年間自分を光月おでんだと思い込んできたヤマト、本物のおでんの息子を目の前にしてついにそのおかしさに気付いてしまった………よく考えると泣ける。

一方ルフィはやはりビッグマムから狙われ続けておりこのまま戦う事になりそうである。

しかしここでナミが思わぬ行動に出る───

感想は後半へつづく。