第989話詳細感想「パート1」
"負ける気がしねえ"


冒頭1ページ感想はこちら

ルフィに信用できると言われても変人に追いかけられていると感じたしのぶは忍術でヤマトから逃げる。感動の親子の再会(?)とはならなかった。

ただ事が落ち着いた後ヤマトとモモの助がどのような関係になるのか本当に興味がある。おそらくそこが"10人目"になるかどうかの鍵を握っているだろう。

そしてバイクに衝突して倒れたビッグマムだったが全くの無傷だったので世界観の崩壊は免れた。あの程度で四皇が再び記憶障害を起こしたらヤバいと思ったので一安心。

ビッグマムの恐ろしさを知っているモブ達はその場から大急ぎで離れる。

ヒョウ爺ら侍達は酔っ払いのモブ達を相手にしていたが数が多すぎて相手をするのは時間の無駄だと察し傳ジローから聞いていた飛び六胞をターゲットに変えようとする。

しかしそれをモブ達が阻止することになれば結局モブの大群と戦わなければならないのでおそらくそう簡単には行かないだろう。ヒョウ爺だけの描写だとはいえすでに息も上がっているし数の差が効いて侍達は序盤からやや苦戦気味か。

一方フランキーは立ち上がったビッグマムに臆することなくルフィを海賊王にする心意気を見せレーザーをお見舞いしようと構える。前回からフランキーの株がかなり上がっている。

だがそんなところにナンバーズ達がやってくる。

八茶は規格外の大きさを除けば見た目は普通の人間っぽく七鬼も鬼っぽい人間であったが今回出てきた三人は普通に怪物のような感じである。

ビッグマムによるとナンバーズというのは「古代巨人族」の失敗作らしいがそれが一体具体的に何を意味するのかは今後の考察で取り上げる予定です。

フランキーの目に入ったのはその大きさよりナンバーズの一人が持っているウソップとチョッパーが乗っているブラキオタンク。二人を救出すべくナンバーズに"ラディカルビーム"を放つフランキー。

どの程度のダメージがあったのかは分からなかったがブラキオタンクは解放された。

しかしビッグマムに背を向けたことで次はフランキーが大ピンチに。

だがそこへジンベエが割って入りロビンとの連係プレーで見事にビッグマムを城外(?)へ追いやる。

海に放り投げない限りまたすぐに戻って来そうだがフランキーを救う一時的な対応としては見事だったと言えそうだ。

というか四皇が簡単に転がされたがいいのだろうか?

ただWCI編を思い出して見ると、

城が倒壊する時ビッグマムは無抵抗にゴロゴロ転がっていたのでバランス感覚の無さがビッグマムの弱点ということで一貫していると捉えることはできるだろう。多分弱体化はしていない。

おそらくグラグラの能力を持つ白ひげは特に相性が悪い相手だったかもしれない。

ちなみにジンベエの存在に気付いたビッグマムは「よくもウチの船団を!!」と言っていたのでやはり魚人の能力を最大限生かしあの危機的状況を乗り気ったのだろう。※しかしジェルマに関してはまだ安否は不明である

ブラキオタンクの中にいるウソップはチョッパーと違い一人瀕死の重傷を負っていた……と見せかけてフランキーの合体するぞという指示を聞いたら途端に元気に。思わせぶりな演出が最近多い気がするゾ。

一方場面はルフィ。

クイーンとこれから対峙するかと思いきや…?

感想は後半へつづく。