991話冒頭1ページ感想
コビーの話を思い出すドレーク…


ワンピース ドットコムで公開されている冒頭1ページ。

幹部の一人であるドレークが身内のナンバーズを斬ったことによって場が騒然となっている。

ちなみに「この前"花の都"で暴れてた奴だ!!」という説明が入ったのでこれは簡単にルフィ側の味方としてすぐには受け入れられない事を示しているだろう。

とはいえここで孤立したらドレークは一貫の終わりなので食い下がってでもルフィ達に協力しようとするはずだ。

改めてルフィについてのコビーの話を思い出しているので海賊としても敵、海兵としても敵だがここはコビーを信じてルフィを信じようとするドレークの様子が描かれているのかもしれない。

ただもっと前の段階でローを逃がしているのでカイドウを標的にしている海賊であればある程度元々信用していたともいえる。

そういえばローが言っていたドレークの「陰謀」についてはまだ具体的に説明がなかったはずなので今後明かされるのを期待したい。

単にスパイとして潜り込み情報を送るだけが任務の全てじゃなかったと思うのできっとまだ明かされていない何かがあるだろう。