第1018話考察
「太陽の神ニカ」の正体とは


投獄中にフーズ・フーが知った伝説の戦士"ニカ"の話。

囚人達に希望を持たせる為のただの逸話かと思いきや、フーズ・フーにその話を聞かせた看守は後日消されてしまったという。

フーズ・フーが語っていた事が真実の場合なぜ政府はその伝説が僅かでも広まるのを恐れたのか、そしてニカは一体何者なのか、今から推測してみる。

その話は知るだけでマズイとフーズ・フーは考えていたがCP0の一人によるとその情報は古いものなので特に政府に害はないと話していた。

もう一人の方も「逃亡しても生きていけるという前例がよくない」と伝説の方には特に関心はなさそうに見えた。実際何も知らない人がその話を聞いてもその辺にありそうなただの逸話としか思わないだろう。

だがそれでも機密情報扱いされており実際にその話をした看守は消されているので政府にとって非常に都合の悪いものであるのは間違いない。十中八九過去にあった実際の出来事が元になっているだろう。

ではここでフーズ・フーが語っていたニカについての情報をまとめてみる。

・太古の昔に存在していた

・剣と槍を持つ戦士 ※ただしこれはフーズ・フーのイメージ像でしかない可能性もある

・"太陽の神"の異名を持つ

・人を笑わせ苦悩から解放してくれる

・奴隷達がいつか自分達を救ってくれると信じていた存在

太古の昔と聞けば空白の100年が浮かぶ。

戦士という事なので太古の世界政府(初代天竜人達?)に反抗していた存在の可能性がある。

人を笑わせ苦悩から解放してくれるという話を聞くとジョイボーイが浮かぶ。

ラフテルに辿り着きジョイボーイと関係した何かを知ったロジャー達も大笑いしていたので同一人物のように思える。

しかしだとすればなぜ"ジョイボーイ"ではなく太陽の神"ニカ"として伝わっているのだろうか。

ただこれに関してはニカは本名で"ジョイボーイ"の名はニカの継承者を意味する称号だと解釈することが出来るだろう。

つまりニカとは初代ジョイボーイのことなのかもしれない。逆に言うと初代ジョイボーイの本名はニカ。

そして"奴隷達"が誰を指しているかであるが、これは魚人のみを指しているようには思えない。

というのもその場合魚人達の救いの神でしかないので政府がその情報を機密扱いまでするのは妙に思うわけである。

空白の100年と関連させて考えるなら初代天竜人達に立ち向かった勢力が有力だと思ったが、しかしそう仮定するとこれはかなり複雑な話になるだろう。

まず一つに反勢力側が"奴隷"として救いを求める存在なのでニカと彼らは同世代じゃない可能性が出てくる。

初代天竜人達の支配が既に完成されつつある時代に現れた存在という事になるのでその"ズレ"が少し気になる。

そして更に注目したいのは反勢力として活動していたのは神の天敵として天竜人の間に伝わっているDの一族が最有力候補に思えること。

"D"の意味は"月"("半月"はこのサイトでは旧説になっている)の可能性があるので"太陽"の神の異名を持つニカとの話が上手くフィットしそうであるが、しかしだとすればかなり気になる事が出てくる。

太陽の神ニカが初代ジョイボーイなのであればDの名を持つルフィはこれから"ジョイボーイ"になれるのか…?

もしもこれからルフィがジョイボーイになるのであれば太陽でもあり月でもあるという存在になるので、つまりその点でこの仮説は違和感があるというわけである。

ただし異名は異名でしかないので"月"が"太陽"を受け継いでも全く問題はないとも言えるので気にする必要はないかもしれない。

それにDの一族はフーズ・フーの話に出てきた奴隷達とは違う可能性もある。元々こっちの方が可能性は高かった気もする。

Dの一族は太陽の神ニカに影響を受け空白の100年末期ニカと共に戦った同世代の戦士達とも考えることができる。

要するにニカは勇者でDの一族はその仲間の聖戦士という感じである。

ただこの仮説でもルフィは勇者でもあり聖戦士でもあるという事になるのでやはり重複してしまう。

という事は、ここで挙げた予想の中で最低でもどれか一つの前提が間違っているのかもしれない…?

今までそれで間違いないと思っていたことが実際は違う可能性が出てくることになる。

この話は(2)へつづく。