ワンピースを読み解く!

第98巻SBS情報「パート1」
サンジと40歳と60歳の姿が明らかに!!
そしてカイドウのウオウオの実のモデルが判明したが…


前巻ではどういうわけかサンジが飛ばされ先にチョッパーの40歳と60歳の姿が描かれたので何か深い理由があるのか疑ったりしたが、どうやら単純にただ順番を飛ばしていたというのが真相のようである。

"〇人目"に沿わずにチョッパーから描く理由は何もないと思うので凡ミス(もしくはきまぐれ)という事で間違いない。

そして描かれたサンジの姿とその発言だが「オールブルーに釣りに行ってくる」と興味深い事を言っている。

あくまで未来予想図なので本編の正式な設定とは限らないがその60歳のサンジの発言を真に受けるとオールブルーは単独で存在する可能性がありそうである。

昔から予想されている古代兵器によってレッドラインとカームベルトが消滅し"海が一つ"になる=オールブルーというのが真相だとその発言は少し違和感がある気がする。

ただしサンジ流の"海"の表現で遠まわしにオールブルーに釣りに行ってくると言ったとすればそれはそれで問題はない気もするのでこの段階で早とちりの判断はやめておこう。

でも未来のサンジからすれば気軽に行ける場所であるのは確かに思えるのでやはり環境の変化が起きるのは間違いない。

ちなみに何かあった未来の60歳のサンジは完全にジャッジである。過去に何かが起きたらマスクを着けたくなるのだろうか。

そしてカイドウのウオウオの実のモデルが何気ない形で判明した。

モデルは"青龍"とのこと。流石に幻獣種なのでそのままでは来なかった。

ちなみに2019年からカイドウが青龍である予想を立てていた人がいたようなのでお見事である。

結局つまりウオウオというのは悪魔の実を造ったと思われる"古代人"が設定したものであって実際はそのまま(架空の)龍という事で問題ないだろう。鯉かどうかは大して重要じゃないかもしれない。

だとすれば"ウオウオ"と名は付いているものの他の悪魔の実と同様泳げなくても不思議じゃないと思うが、それでもどう転ぶか分からないのでこちらも判断を急がず様子を見ておこう。

なので悪魔の実の覚醒がなければウオウオの実は目立った能力がないコイキング状態というわけじゃなく最初からはかいこうせんを放ったりとスケールの大きな技は多分使えそうである。

それはいいとして今回この事に関して一番気になったのはこの発表自体がネタバレになってる部分。

本編でカイドウの実がウオウオだと明らかになるのは98巻に収録されていない先の回なので多分これは本当にやっちまったのだと思う…

チョッパーとサンジの順番間違えの比じゃないミスだと思うが、まあでもやっちまったモンはしょうがねェという事で単行本派の人は流すしかないだろう。

その他の興味深いSBS情報についてはパート2へと続く。