第1036話考察補足
オニ丸が人間に化けれた理由はすでに明らかになっていた


こちらの考察(2)でオニ丸が人に化けれた原理について触れたが、なんとこの謎はすでに明らかになっていた。

それはビブルカードに載っており真相はヒトヒトの実「幻獣種」モデル"大入道"をオニ丸は食べていたので人間(牛鬼丸)に変化できたというものであった。

ちなみにこの真相についてちょっとガッカリという意見を巷で見かけたが、確かにそれも分かる。

オニ丸のエピソードはにほん昔ばなしのような一味違った雰囲気を出していたので悪魔の実が真相だと"現実"に戻された感があるのは違いない。

ただ牛鬼丸としての姿は全然キツネっぽくない(タヌキが化けてるっぽい)と当初から違和感を持っていたので真相が大入道(僧の妖怪)の悪魔の実というのはそういう意味でも個人的には納得である。

妙にデカい点も大入道の特徴なので僧の恰好といいおそらくこれは当初からしっかり練られていた設定だろう。

というわけでこれで第六の力(仮)を持ち出す必要がなくなったので個人的には一安心。ワンピースの世界観は保たれていた。※ちなみにクラバウターマン(メリー号)の件を忘れていたので第七の力(仮)が正確でした

オニ丸の件は解決したが"ヒトヒトの実"繋がりでここで一つ昔からある疑問を再度取り上げてみたい。

おまけとして(2)へつづく。